冬でも粉浮きしないファンデーションの使い方

ファンデーションの冬に粉浮きしない使い方とは、まずは、肌の乾燥を防ぐことが大切です。
冬の肌はとても乾燥しているために、ファンデーションのノリが悪いという状態になってしまいます。乾燥しがちになりやすい時期には粉状のパウダリータイプのファンデーションだと余計に乾燥してしまい、粉浮きの原因となってしまうので、液体状のリキッドタイプを使うのがお勧めです。
また、乾燥肌を改善するために、日々の化粧水やパックなどによる保湿をするなどの努力も大切になってきます。乾燥肌が改善されれば粉浮きがしにくい体質にすることができます。
ファンデーションは仕上げの時間を考えて使うことにより、肌となじむことができるので、ファンデーションを塗ってから約10分くらいたつと、皮脂と混ざり合ってしっとりとして、肌になじむ感覚がわかるようになります。
メイク前のスキンケアで水分を多めに、油分は少なめに仕上げることで、化粧落ちを少なくすることができます。
乾燥しやすい時期にとって、肌の乾燥が粉浮きの原因となってしまうので、保湿クリームなども便利ですが、自分のお肌を水分がある状態にしておくことがとても大切なので、スキンケアもとても大切です。
また、その時期にあったファンデーションも売られていることもあるために、そういったものを利用することで、メイクを失敗しないで仕上げることができるようになります。
しかし、日々のスキンケアにより、肌をしっかりとケアしていくことが一番大切です。

崩れにくいファンデーションの塗り方

女性はいくつになっても若さを維持し、魅力的に見られたいという願望が強いもので、毎日スキンケア化粧品を使ってお肌のお手入れを行ったり、メイクアップアイテムを使って、自分のコンプレックスをカバーしたり、より魅力的に見えるように演出したりといった努力を行うものです。メイクは身だしなみとしても必要ですが、年齢とともにお肌に現われる様々な悩みをカバーしてくれる働きもあるので、美しい容姿を維持するためには欠かせないアイテムです。巷には様々なメイクアイテムが次々と登場しており、ドラッグストアなどでも手ごろな価格で十分な仕上がりが望める優秀アイテムが手に入るので、女性たちにとってはとても喜ばしい傾向です。さてメイクの中で最も重要なものといえば、プロのメイクアップアーティストも公言するように、やはり土台であるベースメイクです。美しさの基本は、素肌が綺麗であることが絶対条件なので、色むらのない滑らかな美肌作りが大切です。どんなに整った目鼻立ちの女性でも、素肌が汚く、ファンデーションが厚塗りになっていれば、美しさは半減し、老けた印象さえ与えてしまうものです。ファンデーションは丁寧に時間をかけて塗っていくと、崩れにくいうえ、少量でも十分カバーできるものです。まずは化粧水や保湿液でお肌を整えたら、隠したいシミなどはコンシーラーでカバーし、毛穴の凹凸を平らにする下地などを使い、肌悩みをしっかりとカバーしておくこと、その後ファンデーションの登場ですが、正しい塗り方は少量をお肌に叩き込むように置いて行くこと、そしておしろいで仕上げます。こうすれば薄付きながら肌悩みは消え、素肌に近い仕上がりとなります。

リキッドとパウダー、それぞれのファンデーションの特徴

ファンデーションはパウダーとリキッドなどがあり、特徴をよく知ることでそれぞれの肌質に合わせて負担にならないタイプを選ぶことができます。リキッドファンデーションの特徴は、しっとりとナチュラルな仕上がりになり、肌にしっかりと密着することです。そのため肌が乾燥気味な方には、おすすめのファンデーションです。また薄く伸ばして丁寧に塗ることで、透明感のある仕上がりになります。仕上げにフェイスパウダーを塗ることで毛穴の凹凸を隠し、肌にベールがかかったようになるので、なめらかで均一な肌に見えます。以前はツヤ感のある仕上がりだったのですが、最近ではマットに仕上がるものもあり、好みに応じて選択できます。
パウダーファンデーションは手軽に塗れることがあります。サラッとした仕上がりで崩れにくいものが多いため、オイリー肌の方におすすめです。テカリが気になる場合には、皮脂を吸収する成分が配合されているものや、化粧崩れしにくいタイプのものを利用するとよいでしょう。こちらも厚塗りせずに、薄く肌に叩きこむように付けていくのがポイントです。こうすることで、肌の毛穴を隠してムラなく付けられる上に、崩れにくくなります。またファンデーションを塗る際のスポンジは、清潔にしておきましょう。汚れていると均一につかなくなり、肌荒れなどのトラブルを起こす要因になります。
どちらの場合も塗り終わったときに、手のひら全体で顔をおさえて、ファンデーションの粒子を密着させると、崩れにくくなり塗りたての状態がキープできます。